人は必ず亡くなり、別れはやってきます。

葬儀の時の香典のマナー

自宅に連れて帰らないこともある現代の葬儀

葬儀の時の香典のマナー 人は必ず亡くなり、別れはやってきます。日本人の平均寿命は年々伸びてきているといわれているため、別れが身近なものではなくなっているという状況が一方にはあります。また、長寿になる傾向があるために、病気を患ったり、認知症になってしまったりということが少ない事例ではなくなってきているようです。そのため病院や老人ホームで最後の時を迎えるということも珍しくはありません。ひと昔前までは、自宅で亡くなるというのが普通だったこともあり、そのまま自宅で葬儀を行うというのが必然の流れでもありました。しかし現代は、自宅で亡くなるというケースは少なくなってきています。だからこそよけいに斎場での葬儀を希望する人が増えてきているのかもしれません。

この場合、故人が長く患っていて、生きている間に自宅に帰れない、帰れなかったということがあるときには、一度自宅に連れて帰りたいと希望する家族が多いようです。葬儀は、故人に関わった、あるいは関わっているすべての人たちの気持ちが交錯する場であるともいえます。しかし、その中でもいちばんに優先されるべきは、故人のそばに長くいた家族の意志であると現代では多くの人が考えるようになってきています。そのため、自宅に連れて帰るか帰らないかということは意見が分かれることでもありますが、家族の意志を尊重することが後悔のない葬儀につながるはずです。