大切な人の訃報を聞いたとき、何となく気が動転してしまって、ついうっかりNGな行動を取ってしまう事もあります。

葬儀の時の香典のマナー

ついやってしまいがちな葬儀のNG行動

葬儀の時の香典のマナー 大切な人の訃報を聞いたとき、何となく気が動転してしまって、ついうっかりNGな行動を取ってしまう事もあります。ですが、葬儀を執り行う際に喪主やその家族は思った以上にバタバタしています。ですので、なかなか気が急いてしまうかもしれませんが、出来る限り相手を気遣った行動を心がけなくてはいけません。では、気を付けるべきNGな行動とは、一体何なのでしょうか。訃報の知らせを夜に聞いて、その足で深夜に駆けつけるのは絶対にやってはいけません。そんな行動はドラマだけの話です。実際にそんな事をしてしまったら、相手に気遣わせてしまうだけですので、どれだけ駆けつけたくても、控えるようにしましょう。

また、葬儀を執り行う前に喪家に行って長居をするのも良くありません。いろんな話をしたい気持ちは解りますが、喪家には親族なども集まっていますし、喪主も色々と疲れていることでしょう。ですので、ある程度落ち着いてからまた会うようにして、その場で長居をして、いろんな話をするのは控えましょう。そして、どれだけ仲が良かったとしても、故人との対面を自分からお願いすると言うのはNGです。配慮に欠けた行動だと思われてしまいますので、故人の対面は勧められた場合により、受けるようにしましょう。