一般的な葬儀は、僧侶にお経を読んでもらうなど仏教の形式に沿って行われるスタイルになりますが、最近では、従来の形式にとらわれない「自由葬」と呼ばれる葬儀スタイルも見られます

葬儀の時の香典のマナー

従来の形式にとらわれない自由な葬儀スタイル

葬儀の時の香典のマナー 一般的な葬儀は、僧侶にお経を読んでもらうなど仏教の形式に沿って行われるスタイルになりますが、最近では、従来の形式にとらわれない「自由葬」と呼ばれる葬儀スタイルも見られます。自由葬の特徴としては、無宗教で行われる場合が多いことや、故人の趣味・要望を取り入れて葬儀が行われることなどが挙げられます。また、仏教形式の葬儀であっても、参加する僧侶によっては、ある程度自由なスタイルの葬儀が認められる場合もあります。

自由葬で行われることとしては、故人の生前の趣味を表現したような祭壇の設置や、想い出の品や写真の展示、そしてビデオを流すなどさまざまあります。その中でも特に多いと言われるのが、音楽の生演奏を行ったり音楽CDを流すという趣向のもので、特に音楽を重視した自由葬のことは「音楽葬」と呼ばれています。

自由葬は、自分の要望を多く反映させることができるため、より満足度の高い葬儀が可能になるという魅力があると言えるでしょう。ただし注意点としては、自由葬では、葬儀の流れが決まった一般的な葬儀とは違い、プログラムを全て自分で考える必要があるということが挙げられます。さらに、形式や趣が一般的な葬儀とは違うため、家族や親類、そして参加者の理解を得ることも必要だと言えるでしょう。