葬儀には多額な費用がかかってしまいますが、一般の葬儀と比べて格安に済ませることができる葬儀プランもあります。

葬儀の時の香典のマナー

格安で行える葬儀プラン

葬儀の時の香典のマナー 葬儀には多額な費用がかかってしまいますが、一般の葬儀と比べて格安に済ませることができる葬儀プランもあります。葬儀社が格安プランとして提供しているものとしては、「直葬」や「一日葬」と呼ばれるものがあります。両プランの特徴は、一般的な葬儀で行われる儀式を簡略化することで、費用を安く抑えることができるという点です。

「直葬」は、通夜や告別式といった儀式を行わずに、直接火葬場へ遺体を運んで故人を送るという葬儀スタイルになります。また、基本的に火葬のみで済ませることから「火葬式」とも呼ばれています。ただし火葬のみと言っても、葬儀社によっては僧侶などに火葬場へ来てもらって簡単な儀式を行える場合もあります。直葬が選ばれる理由としては、費用を出来るだけ抑えたいということ以外にも、故人が高齢のため参列者が集まらない場合や、葬儀を後日改めて行いたい場合などさまざまあります。費用に関しては、20万〜30万円程度が相場ですが、安い場合だと10万円台という価格からあります。

「一日葬」は、通夜法要を行わずに、告別式を一日で行うという葬儀スタイルになります。一般的な葬儀は二日間という日程で行われるため、スケジュールの都合がつかない場合や、精神的・体力的に疲れていて二日間の日程をこなせない場合などにも向いていると言えるでしょう。費用に関しては、30万〜40万円程度が相場になります。