人生は80年間生きる時代から90年間生きる時代へと突入しています。

葬儀の時の香典のマナー

葬儀は文化の違いによって変わります

葬儀の時の香典のマナー 人生は80年間生きる時代から90年間生きる時代へと突入しています。もちろん、医療技術の革新もありますが、暮らしが豊かになり健康という意味でも、意識が高くなっているということもいえます。しかし、訃報は突然やってくる場合も多くあります。特に葬儀に関する知識は、事前に学んでおくことが難しいので、わからないことがたくさんあります。また地域によってしきたりなどに違いがあり、関西や関東、北海道では全く違う文化になっていることも多々あります。

失礼のないように、葬儀に関しては知っておきたいので、知識を持ってことにあたることが大切になります。葬儀に関する最低限のマナーを学んでいくことで、社会人として恥ずかしくない対応ができるようになります。特に知っておきたい事柄では、香典の料金や相場があります。相手との関係や立場によって変わってきますので、失礼の内容に対応したいことです。また喪服の正しい知識やタブーがありますので、自分で正しいとおもっていたものが違っているということも少なくありません。注意したいのは、宗教別の葬儀の方法があります。いろいろな角度から見ていくことによって、これからの日本の葬儀のあり方がわかってきます。