親しい間柄であったり、仕事上の付き合いだったりした人の突然の訃報というのは、予期することができません。

葬儀の時の香典のマナー

葬儀に関するお悔やみの手紙

葬儀の時の香典のマナー 親しい間柄であったり、仕事上の付き合いだったりした人の突然の訃報というのは、予期することができません。そのために故人の家族も同じような気持ちになっていますので、急な葬儀などの準備で忙しいです。訃報を聞いて通夜や葬儀、告別式に参列できない場合には、お悔やみの手紙をしたためることになります。手紙には、書き方の順序がありますので、社会人としてのマナーということで覚えておくことが必要になります。お悔やみの手紙に書くことになるのは、最初は驚きと悲しみの気持ちになります。

そして、お悔やみの言葉を並べて書き、通夜や葬儀に参列できないお詫びを述べます。この手順によって、相手にもわかりやすく誠意を持って対応できているので、葬儀に参列できない人は手紙を必ず添えておくことです。そして、香典送付なども手紙には一言付け加えておくことで、感謝の気持ちが伝わります。最後には冥福を祈る言葉になりますので、一般的に書かれているような言葉を並べることで締めることができます。これらの流れを意識して手紙に書いておくことで、お悔やみの手紙が出来あがりますので、自分なりに考えて遺族へ渡すことです。安易な言葉などを使わないように、粛々とした対応をとることになります。