大切な人が無くなった場合には、様々な対応をすることがあります。

葬儀の時の香典のマナー

葬儀に参列できないお悔やみの手紙

葬儀の時の香典のマナー 大切な人が無くなった場合には、様々な対応をすることがあります。お悔やみの手紙などは、通常の手紙と違うのでマナーなども対処して書いていくことになります。基本的には白無地の便箋を用意します。そして、黒のペンか毛筆で文書を書くことになりますので、前もって用意しておくことです。通常の手紙とは違いますので、間違っても季節のあいさつや拝啓などの頭語を入れないようにし、結語ももちろん使うことはしないです。書き方などもマナーがありますので、お悔やみの手紙には機械的なものではなく、気持ちが伝わることが大切になります。まず、故人が亡くなったことへの驚きと悲しみの気持ちを表すことです。

特に病気で入院などをしていなかった人にとっては、いきなりのことですので訃報を聞いて驚いたという旨を伝えることです。また病気で入院をしていたとしても、回復に向かっているという気持ちでいたということも含めて、驚きの意味を書きます。そして、お悔やみの言葉を続けて用意します。お悔やみの言葉は、通常の「お悔やみを申し上げます」という言葉通りでかまいませんので、特別につけたさない方がマナーといえます。そして、通夜や葬儀に参列できないお詫びを申し上げることになりますので、心からの気持ちを綴っていくことが伝えることに繋がります。