葬儀は故人とのお別れを行う際に行われるものであり、日本では様々な種類の葬儀を執り行うことができます。

葬儀の時の香典のマナー

葬儀の種類の1つとなる1日葬とは

葬儀の時の香典のマナー 葬儀は故人とのお別れを行う際に行われるものであり、日本では様々な種類の葬儀を執り行うことができます。一般的に多いのは一般葬儀となりますが、そのほかに社葬や合同葬以外に家族葬や密葬などから選ぶことができます。葬儀の形は故人との別れの場を設けるという意味合いもありますが、葬儀を執り行う親族などの都合なども考慮すべき要素がとても大きいです。特に親族には精神的な負担のほかに費用の負担なども大きいので、負担軽減という意味合いから1日葬と呼ばれるタイプの葬儀を利用する人も多いです。

1日葬とは簡単にまとめてしまうと、火葬なども含めて1日で葬儀を執り行う方法となります。通常の葬儀などであれば前日に通夜式などを行います。2日目には葬式や告別式などが執り行われる日程となりますので、1日葬はそれら全てを1日で済ませてしまう葬儀になります。1日葬は通夜式を行わないので、親族や故人と親交のあった極わずかな友人たちの身で葬儀を執り行うことができます。そのためよりゆっくりと故人との最後のお別れを行うことができるというメリットがあり、最近では家族葬を希望する場合に一緒に1日葬も依頼する人などが増えてきている傾向があります。