葬儀のマナーというのは、その地方によっても若干の違いがありますが、実際にはそんなに変わりがありません。

葬儀の時の香典のマナー

葬儀の時の香典のマナー

葬儀の時の香典のマナー 葬儀のマナーというのは、その地方によっても若干の違いがありますが、実際にはそんなに変わりがありません。その中でも香典は、故人の霊前に供える金品のことになり、生前の関係性などにおいて金額というのが決まってきます。香典の意味合いとしては、お香や花の代わりとしたものといわれています。昔から大切な家族が亡くなった時には、急な不幸ということで家族にもたくさんの出費があるということから、周りの縁者達によっての助け合いの意味も込められています。一般的に香典袋に入れて持っていくことになりますが、通夜や葬儀、または告別式の時に持参することが一般的です。

通夜か葬儀に持参することになりますが、両方に参列する場合は、通夜に香典を用意して渡すことが多いといえます。相手との関係性において渡すことになりますが、とても親しくしていた人には、今までお世話になったという感謝の意味を込めて送ることも大切です。そして、知っていた方が良いのは、通夜や葬儀にどうしても参列できない場合があります。そんな時には、香典を郵送してもかまいませんので、早急に対応することです。香典を不祝儀袋に包んでから、封筒に入れて手紙と一緒にお悔やみを申し上げることです。